top of page
検索
  • 執筆者の写真ユキヤ 水月

アリーナジブキル数日本1位のジブラルタルへのこだわり



皆さん、ご無沙汰しております!

水月ユキヤです!!



相変わらず僕はずっとアリーナでジブラルタルを使いながら配信する日々を送っています。





何故?というほどまでにジブにこだわっていることが伺えるでしょう。


ジブラルタルをなぜここまで使い続けるのか


僕の中で、この問いの答えを2つ持っているので

今日はそれをご紹介します!



元々はパスファインダーやミラージュなどの

少しトリッキーなレジェンドを使用していたんですけど


ひょんなことからショットガンを練習しようと思いました。


ショットガンがっつり当てる人

強くてカッコいいですよね?



ということで、

ショットガン練習用ということで使い始めたのがジブラルタル。


ドームまわりで使えば

ショットガンを振り回さなくても

ある程度上手くなるのでは…?



そんな考えからまず使い始めました。




やっていく内に…


ドームファイト極めたら格上の相手も勝てるんじゃね…!?


こう思いました。


これが最初の極めたいと思ったキッカケでした!


これが1つめの答え。



「ドームファイトしよや!」

と連呼しているだけありますねw



そんな想いが今に繋がってるわけですね〜




そんなこんなで使い続けて


バトロワランクやカスタムを通じて


ピンチな局面であったり最終局面であったりで

自チームを生かすも死なすもジブ次第だなと気づきました。



部隊を背負ってここぞという時にドームが使えるか。


相手にとって嫌な爆撃、自チームの活路を見出せる爆撃が投げられるか。



そんなことを考えているうちに


ジブラルタルを使いこなすことで

盤面をどれだけ掌握できるか

その幅の広さに魅力を感じ虜になりました。



これが2つ目の答えです。



なんか早口で喋らせたらオタクみたいな

それくらいの愛を持ってまだまだ語ることはできるんですがw


こうやって今の僕が

あるわけであります。







最後まで見てくださりありがとうございました!



次もまたジブ関連のこと書きたいですね〜


ではまた、おつきゃ〜🦩

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page